夫の浮気の癖を治す方法

夫の浮気の癖を治す方法とは

浮気を一度した夫は再犯をする可能性が非常に高くなります。
浮気は道徳上決して許されないことなのですが、だからこそその背徳感を楽しんで浮気をしている方もいるのです。

 

これは病気のようなものなので、治らないとあきらめている方も多いかと思いますが予防をしたり解決する方法はあります。
まずは束縛をしすぎないことです。過去に浮気をされますと信じされなくなりますので束縛をしたくなるものですが、それが逆効果になるのです。
こんな自分のことを信頼しない妻なら浮気をしてもいいという気持ちにさせてしまいます。ですので悪い癖を直したいならあえて束縛しないようにしてください。

 

また自分がどのようなことがあっても浮気をしないということを伝えておくとか相手を信じているということをちゃんと普段から伝えておくのも方法です。
どうしても浮気されてしまった場合にも今後ために癖を治す方法もあります。

 

それは決して起こらずに泣くことです。

 

自分がつらい思いをしているということを伝えるのです。
罪悪感を刺激するのにはいい方法です。ヒステリーを起こすよりももっと効果的な方法となります。
実は大人になっても不貞行為というものが相手を傷つける行為であることをあまり理解してない方もいるのです。泣くことで初めて人の気持ちを理解する方もいらっしゃいます。

 

どうしても治らない場合には思い切って離婚をするのも方法です。三くだり半を突きつけたときにはじめて自分がとんでもなくひどいことをしてしまったと思い、反省する方もいます。

 

このときに心から反省していることがわかればまたよりを戻すのも一つの方法です。
どんな男性でもいつか異性としての魅力が損なわれますので癖が悪いのは解消されます。


夫の浮気の対処には親族の協力も必要

夫の浮気の対処には親族の協力も必要ですが、まずは、自分で出来ることをするようにしましょう。浮気して欲しくないからといって、拘束したり、がんじがらめにしてはいけません。縛られれば縛られるほど、体は逃げていけなくても、心は逃げていってしまうからです。心が逃げれば、物理的にも離れていってしまうので、余計に浮気されやすくなります。

 

最も効果的な防止策は、妻が魅力的で、一緒にいて快適な人になることです。小言を減らし、綺麗でセクシーな女性で居続けられるように努力するのです。また、精神的にも、一緒にいると快適だと思われるようにしなければなりません。ただし、優しすぎたり、親切すぎると、押し付けがましくなり、反って、息苦しくなることもあるので、気を付けなければなりません。寛容で、愛に溢れた人間であるべきです。

 

夫が浮気してしまった場合の対処には、親族の協力も必要です。相手を問い詰めたりしてはいけません。余計に関係が悪化するだけだからです。相手を許し、自分が至らなかったところを直すのです。相手を責めるのではなく、至らない妻であった自分を変えることが大切です。

 

しかし、時が経ってしまい、夫は戻って来ないかも知れません。その時には、親族の人に相談して、仲介してもらいましょう。関係が悪化してしまうと、当事者だけでの解決はとても難しくなるからです。感情的になりがちな当事者ではなく、客観的にいられる、親族の方が正しい判断も出来ることでしょう。
いずれにしても、相手を恨んだり、問い詰めたり、拘束するのは、逆効果です。相手を許し、自分の欠点を直し、もう一度やり直そうとすることが大切です。怒りや嫉妬で冷静な判断を失ってはいけません。相手と自分が最も幸せになれる方法を探すことが肝心です。

 

浮気調査をするのなら専門性のたかい探偵に!

・浮気調査に強い探偵事務所ガイド
浮気調査に強い探偵事務所

 

浮気調査を依頼するときは、実績のある探偵事務所や興信所にお願いしたいところですが、どこに頼んだらよいのかわからない場合はぜひ参考に。